強引に勧めてくる業者は大変怪しい

太陽光発電を設置する屋根のトラブルというのは屋根が陥没してしまうことも考えられます。
特に取り付けた直後に天井から水が漏れてしまってくるというクレームは数多く報告されているのです。

 

「太陽光発電を導入することによって電気料金が無料になります」などや、売電をして確実に儲かりますなどといったようなセールスをしてくる業者が中にはいます。
確かに余った電力というのは電力会社に買い取ってもらうことは可能なのですが、確実に儲けが出るとは限らないのす。少ししか屋根を確認しないで「どんな屋根でも設置することが出来ます」と強引に押してくる業者には十分にご注意ください。
太陽光発電の設置はそんな簡単なものではなく、屋根の材質や劣化などといったものは精密な調査が必要となってくるのです。 全国的に太陽光発電の設置を推進しようと国や自治体では補助金や助成金などの実施を展開しています。
これらの制度を利用することによって、通常価格よりも安価で太陽光発電を設置することが出来ます。



強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:10-11-2018

ミーは、ダイエットのために、
連日飲んでいた日本酒をやめる事にチャレンジしました。

それまで夕食で日本酒を飲むというのは、
完璧に「習慣」でした。
これを「やらない」ということは考えられないくらい…

だから、「日本酒を飲まない」という事を考えただけで
「せっかくの夕食が満足できないのではないか?」
「飲まないとライスが美味しくないのではないか?」
「22時眠れなくなるのではないか?」
…などなど
「現状維持の本能」が全開で障壁を作ります。

そもそも、人間の身体にとって日本酒って有害ですし、
飲み続けていたら身体を壊すこともあり得るわけです。

しかし「現状維持の本能」はそんなことすら関係ありません。
将来、身体を壊そうが、アル中になって精神を壊そうが、
メタボになってしまおうが…
「現状維持の本能」には、そんなこと関係ないのです。

さらに日本酒を飲んだ時の刺激や酔った時の恍惚感って
脳にとっては忘れられない快楽ですから、
一度それを味わっただけで連日でも欲しがります。

これは「日本酒」を
まるきり「スナック菓子」に置き換えても同じことが言えます。
だから、日本酒やスナック菓子って習慣になりやすいんですね。

そして一度習慣化してしまうと、
「現状維持の本能」が働いてやめる事を阻止します。

これを変えるには、
ダイエットに成功して「痩せた自分」を
イメージすることが非常に有効だと思います。

ミーは、息の長いダイエットを続けるには、
これが必須だと思っています。

とにかく、
「現状維持の本能」に打ち勝たなければ、
悪い習慣をやめることもできませんし、ダイエットも続かないのです。