強引に勧めてくる業者は大変怪しい

強引に勧めてくる業者は大変怪しい



強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:01-3-2017


減量で目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
からだを常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
減量終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

減量を始めると、
24時間の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
からだに入ってくるエネルギーが少なくなったため、
からだのエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らした食事量でもからだは十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様に減量後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前に食事量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
減量後ひと月は、
ゆっくりとからだをならす事が大切なんです!

なので、
減量後の食事は
減量中と同様に24時間3食をバランスよく摂り入れ、
食事の量はひと月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

からだを作るたんぱく質、
からだの調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
減量中に行っていた体操も
ストレスにならない程度に続けましょう。
体操を続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくいからだになりますよ!
強引に勧めてくる業者は大変怪しい

強引に勧めてくる業者は大変怪しい

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報