太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている



太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っているブログ:04-9-2016


∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

突然ですが、
読者様は幼稚園に行くのが好きでしたか?

ミーは、きっとイヤだったと思います。
きっと…というのは、イヤだったかどうか、
はっきりとは覚えてないんですよね。

ただ、その当時、
おしっこに行く間隔がすごく早かったのは覚えています。

トイレに行って戻ってきたら、ムズムズしてまたトイレ!
…というのを繰りかえしていました。

心配したママが、
病院に連れていってくれましたが原因不明でした。

いま思えば、
幼稚園に行くことへのストレスだったんじゃないかなぁ~
と思うわけです。

どうして、こんなことを思うかというと、
ミーの子どもが、幼稚園に行きたがらないからです。

初日は、機嫌よく行きましたが、
翌日から夜鳴きがはじまりました。

そして、朝になると…
「幼稚園イヤ。お留守番しとく」
と、頑なに幼稚園に行くことを拒みはじめました。

これには、困りました。
父母側としては、幼稚園の始業の時間も迫ってきます。
それまでには、着替えさせたり、ごはんを食べさせなければなりません。

いくら余裕をもって起きたとしても、
子どもが幼稚園に行くことを察すると、
どこかに逃げていくのです。

それからは、
「我が子VSミー&奥さん」の心理合戦が始まります。

幼稚園に強く行くように強要してみたり、
帰ってきたら大好きなスナック菓子を買ってあげるよ!とか、
もしくは「じゃ、1人でお留守番しときね」と部屋を暗くしてみたり…

スナック菓子やジュースをあげるからなどと言って、
幼稚園に行くようなことはありません。

ましてや「幼稚園に行きなさい!」と言ったところで、
「イヤだ!!」と泣き叫ばれるばかり…

う~ん…なかなかのツワモノです!

とっぴんぱらりのぷう
太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報