そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?



そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:10-7-2016


こんちわっすー

今日はせっかくの休みだというのに、体調を崩して。

ゆっくりしようとダラダラしています・・・

というのも、知り合いが最近ダイエット緑茶飲んで
ダンベルやコアリズムをしているので
22時くらいにちょっと便乗したのが間違い。

足首が痛いと思ったら、今では全身痛い。。。

あぁ・・・11時くらいから神戸でも行って、
ついでに映画でも見に行こうかと思っていたのに・・・・

ちょっと風邪っぽかったから、汗かけば良いと思ったのが
大きな間違い!

余計に体調が悪くなってしまったぁ~ε-(ーдー)ハァ

慣れないことはするもんじゃないね。

11時には元気になるどころか、どんどん体調が
悪くなってるような気がするし。

7日、買い物に行くから、ちょっと買い物も
しておきたかったんだけどなー。

めちゃ残念すぎるんだけど、自業自得。

いなり寿司でも食べて、元気をつけたいところだけど、
面倒すぎてダイエットゼリー グレープフルーツ味食べて寝よう。

悪循環だけど・・・仕方ない。

曇天だし、ダラダラと1日が終わってしまうε-(ーдー)ハァ


とはいえ、体調を良くしなければ、どんどん続いていくから、
まずはこの痛みから解放されたい。

熱があって痛いのか、筋肉痛で痛いのかがわからないところが
これまた余計に情けないところ。

汗もなんかかけないし、まずは新陳代謝をよくしなければ
いけないのかもね。

あー情けない自分の体(笑)


そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報