そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?



そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:02-8-2015


みなさまは、
脳は、実際に体験したことと
頭の中でイメージした事の区別が付かない…って、
知ってました?

脳の中でイメージした事が、より具体的であればあるほど、
実際に体験したものとほとんど同じように「錯覚」するみたいなんです。

これを利用すれば、
あたかも減量に成功したかのように具体的なイメージを持てば、
脳も勘違いして、
減量に対して恐れを抱かなくなるはずです。

わたくしは、これが非常に重要だと思います。

つまり自分が
「減量に成功した姿」を強くイメージすれば
それが実際に起こったことであるかのように脳が錯覚し、
そこに向かって進むことを阻害しなくなります。

だからこそ
「減量に成功した姿」を思い浮かべて楽しい気分になることは
モチベーションの維持だけでなく、
体質全体にとっても、
減量成功に向けて進むために必要なことなのです。

自分も楽しい気持ちになることで
減量を行う事が楽しくなりますし、
ゲーム感覚で進めることが減量成功の秘訣だと思います。

こんなことを思い浮かべたらいいんじゃないでしょうか?
「減量に成功した自分ってどんな自分か?」
「減量に成功しスリムになったら誰がどんな事を言うか?」
「減量に成功したらどんなことをするか?」

これらを具体的にイメージして、
ワクワク楽しい気持ちを大事にしましょう。

「減量を楽しむこと」
これが減量成功に最も重要な秘訣だと思うんですよ。
イメージの力って自分が思っているよりずっと大きいみたいですよ!

日々、楽しく頑張りましょう!
そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報