そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?



そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:31-7-2015


せっかくトレーニングをするなら、
無理なく、効率よく体を鍛えられるとうれしいですよね。

さらに気持ちがよくて、楽しければもっといい…

そこでおすすめなのが、温水プールでのトレーニングなんです。

「プール=泳ぐ」と考えてしまいがちですが、
ただ水中で手足を動かしたり歩いたりするだけでも、
水の抵抗によって効果的なトレーニングになります。

しかも、水中では浮力が働くので
コシや膝などへの負担は軽く、
故障やケガのリスクは陸上よりも小さいんです。

快適な温度が保たれた温水プールで
ふわふわゆらゆらと体を動かせば、
心身のリラックスも促されます。

水中では、
腕を前後に動かすような単純な動作でも、
体にかかる水の抵抗を変えることで、
トレーニングの強度が調整できます。

水の抵抗は、動く速さの2乗に比例して大きくなり、
手の指を揃えてのばしたり、指の間を広げたりすることで
強弱を変化させることもできます。

つまり、トレーニングの強度を高めたければ、
スピーディに、抵抗が強くかかる方法で動けばよいのです。

水中では水圧が働き、
力のある人には強い負荷、弱い人には弱い負荷がかかるので、
体に無理な力が加わることはありません。
これも水中トレーニングならではの利点です。

さらに、
水中でのウォーキングは効果的な有酸素トレーニングにもなるので、
簡単な水中トレーニングに慣れたら、
少しずつトライしてみるのもよいでしょう。

水中ウォーキングをするときも、
やはりあしの動かし方や腕の振り方で、
トレーニング量や鍛える場所を変えられますよ!

まずは、童心にもどって
水と戯れるように、
水中での簡単なトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報