そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?



そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:29-1-2014


最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからの子ども達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ~む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でもくちにして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
くちを開けば何か必ず入ってくる…という毎日。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
食べる事をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
ママのおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
8時ご飯を食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕食を食べることがない…という
子ども達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをご飯食べない(食べることができない)、
そんな子ども達が実に多いこの現実…
あたくしは悲しくて仕方ありません。

本来、食べる事をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華な食べる事でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?
そもそもどの程度の発電量があるのか?

そもそもどの程度の発電量があるのか?

★メニュー

太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
強引に勧めてくる業者は大変怪しい
一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
そもそもどの程度の発電量があるのか?
非常に長持ちする太陽光発電
何と言っても電気代が安くなるのがメリット
気軽に設置出来ないからこそ利用するでき制度
日中は自前で夜間は他力でという特徴
家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
投資回収で導入する方が90%以上を占めている


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来のことを考える太陽光発電情報