日中は自前で夜間は他力でという特徴

昼間には通常よりも割高で、そして夜間は割安となる「時間帯別電灯」に変更することにより、電気代を節約することが出来ることもあります。
しかし昼間に自宅で仕事をしていて電気を多く使用しているような人は逆に割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

太陽光発電の導入で大切なこととしましては、まずは自分のライフスタイルを見直してみるということです。
電力会社の電気代を減らすためにも、電気料金プランは確認をしておくようにしましょう。太陽光発電というのは「日中には自家発電で、そして夜間は電力会社」という特徴から電気の契約内容を見直してみると良いかもしれません。
この電気プランを見直すことにより、これまで以上に太陽光発電ライフをお得に便利にすることが出来るのです。 ただ単に太陽光発電と言いましても、メーカーによってオプションやサービスなどが異なっています。
これらの詳細を知るために、まずは多くのメーカーの太陽光発電を比較して最もお得な業者から購入をするようにしましょう。



日中は自前で夜間は他力でという特徴ブログ:22-7-2018

人は赤ちゃんを産むと父母馬鹿になる。
父母馬鹿は父母としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母親たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母親であるなら
我が子供がどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母親として当たり前の反応なのである。

これが旦那になると
父母馬鹿に余計に拍車がかかる。

むすめが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

旦那は自分で妊娠や出産をしていないために、
家内が思っている以上に父母馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
家内も旦那も父母馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子供にとっては
父母が父母馬鹿になってくれるからこそ、
子供は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子供が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子供は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしもお父さんも母親も
「子供が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子供は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

父母が父母馬鹿になってしまうのは、
子供が非常に可愛い顔をしているからである。

実は子供が非常に可愛い時期と、
父母が父母馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子供が非常に可愛いからこそ
父母の理性のタガが緩んでしまい、
父母は子供をとことん可愛いがることによって、
子供は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。